芝生を正しく手入れするための豆知識│雑草はしっかり抜いていこう

花を持つ人

草刈り機を使う時の注意点

草刈

草を刈らなければいけない範囲にもよりますが、小さな畑くらいならガーデニングなどで使う鎌で草刈りを行えます。草刈りの範囲が広ければ草刈り機を使えば手作業よりも早く作業が終わります。

もっと読む

梅雨明けがベスト

婦人

草むしりは意外と労力を使う作業です。雑草の根が土の深い所まで伸びると、雑草一本抜くのに結構な力が必要になってきます。簡単に雑草を処理するために梅雨明けを狙って草むしりをするといいでしょう。

もっと読む

家に芝生を使う

芝刈り機

サッカーグランドやゴルフ場などでよく見かける芝生ですが、その芝生を自分の家にも使いたい場合は手入れが簡単な芝生を選ぶといいでしょう。野芝は乾燥に強く手入れもしやすいので扱いやすいです。

もっと読む

丁寧に手入れをしよう

芝生

自分の家に芝生があるけど、手入れ方法がわからず困っているという人は世の中に一定数存在します。芝生は泥がはねるのを防いでくれたり、夏の太陽光により熱くなった地面から出る熱を抑えてくれる効果があります。芝生は植えたら後はほったらかしではなく、芝刈りや除草など芝生の管理に必要な作業が出てきます。芝はほったらかしにしているとどんどん伸びていくのでしっかり手入れをしなくてはいけません。芝を刈る時には芝刈り機があると難なく芝刈りをすることが可能です。芝刈りは三分の一くらいの芝を刈るのが理想とされていているのであまり刈り過ぎないように注意しましょう。春や秋は芝の生育期なので定期的に手入れが必要になります。手入れとして芝を刈るのですがあまり短く刈りすぎると見た目が悪くなるだけではなく芝が弱ってしまうので注意を払って刈るようにしてください。
芝生を育てるのに必要な水はちゃんと与えないと、水不足になり葉の色味が悪くなってしまい、徐々に枯れていってしまいます。春は1週間に1回は水をあげるようにし、夏はできるだけ毎日水をあげるようにしましょう。地域によって気温も風通しも変わるので、乾燥しやすくなる可能性が出てきます。天候による問題を解決するには芝自体を環境に適応させるか、その天候に合った芝に変えるなどでしか対処できませんので、自分の住んでいる地域の環境を把握しておきましょう。水やりの方法、コツについてですが、水はできれば細かくそして広範囲にいっぱいあげるのが一番です。シャワーを浴びせるようなイメージで沢山あげましょう。スプリンクラーも使えるので持っている人は使っていきましょう。